フィーバークイーン30thはまったり打てて楽しく打てる台に進化!

パチンコ

どうも、

孤道のパチンカー(@lonely_pachinkr)

です。

最近、ほぼメインで打っている“リゼロ鬼がかり”

元々は小当りラッシュの台なんですが、

他メーカーまでも真似したほどの入賞フラッシュの“先バレ”や上限出玉1500個を強制的に保留連させて3000個にして中毒性抜群の台に変貌を遂げて今やホールの顔にまでなりました。

IMG 5291

どうもそのリゼロ鬼がかり。

導入から1年半以上経ち以降似たような台の登場も相まったと同時に

生活面等のあらゆる値上げ、増税などの悪政。

更に出る台出る台が微妙過ぎることで

回り具合の悪さが際立ち稼働が以前よりめっきり無くなっており大変困り果ててる中しれっと出て来たのか今回紹介する「フィーバークイーン30thアニバーサリー」
早速私も打ってみましたが、

前作よりも大幅に良くなったゲージ回りや1発告知アップ演出が加わってより魅力的になったゲーム性に虜になってしまい、8月に入ってから個人収支に貢献してると同時に今1番打ち込みたい台までになっています。

そのフィーバークイーンを極める為色々な店で打ってきた経験も踏まえて記事にしたいと思います。

 

スペック

まずはこれを語らないとはじまらないクイーンのスペックです。

大当り確率 1/99.9 → 1/12.0
ST突入率 100%
ST回数 8回
時短回数 92回 or 32回
トータル継続率 約68%(※1)
ST8回+時短32回時:約64%(※2)
ST8回+時短92回時:約80%(※3)
ラウンド(カウント) 10R or 4R(10C)
賞球数 1 & 10
出玉
※出玉は払い出し玉数 1,000個 or 400個

振分け ※出玉は払い出し玉数(削り無し)

Spec graph 1 pc

(※1)ST8回継続率:約50.2% 時短92回継続率:約60.4% 時短32回継続率:約27.5% トータル継続率:約68%
(※2)ST8回継続率:約50.2% 時短32回継続率:約27.5% トータル継続率:約64%
(※3)ST8回継続率:約50.2% 時短92回継続率:約60.4% トータル継続率:約80%

ゲージ

ゲージは左右対称ゲージ。
でも、前作やパワフルと違い「右打ち」はあまり効きません。

IMG 5140

ストローク

ストロークですが、基本的にはユニコーンから最近のガンダムSEEDと同様の”逆て”の深い位置(てでなぞると曲げの1番窪んでいる位置)
ですが、それもお店によりけりでお店によっては”S字”の位置やプラスチックが重なっている位置付近で結構な回転率を叩けています。

この辺はお店によってクセが違うので試す必要があります。

IMG 5142 2

釘読み

釘読みは1番最重視してもらいたいのが「寄りと溢しと風車」です。

IMG 5273

先のストロークとも連動しますが、ここが溢れやすい設定にされたらこの台の良さが半減してしまうのでここの比較や開き、風車の曲がり具合は絶対見ましょう。

ヘソに関しては開けてるに越した事はないんですが、エヴァ15やガンダムSEED、リゼロ鬼がかりみたいに特日なら…という事はありません。
ただ、店側も長期間の運用で使う意図もあるので相当ヤバい事情でもないか相当な変態の店長でもなければほぼそのままだと思うのでヘソは割愛します。

おすすめのゲーム性

ここで打つ際のおすすめのゲーム性を紹介します。

ゲーム性は3種類あり

演出モリモリのクイーンモード

初代からの踏襲でクラシックモード

そして、今回から搭載された一発告知モードです。

IMG 5023

クイーンモード

まずはクイーンモードですが、楽しむだけならいいんですがとにかく煽りが凄くそれでいてガセも多いのであまりおすすめしません。

クラシックモード

クラシックモードはエヴァ15でいうシンプルモード。アクエリオンの極でいう初代モードと同等です。

とにかく1回転でも多くぶん回す方ならいいでしょうが、かなり退屈になるのでこれもおすすめできない。

ただ、違和感を楽しむのであればクラシックモードが1番楽しいです。

そうなると、一番のオススメは上記の間取りの一発告知モードになりますね。

一発告知モード

適度な煽りで何も起こらないときは起こらない。

当たりなら箱の中のジョーカーがドーン!っと出れば当たりですから。

しかも、ジョーカー降臨しなくても当たるということもあります。

IMG 5039

演出面はクイーンと一発告知モードはとにかく赤演出待ちです。

派手さは無いけど1撃もたまにある

出玉感は基本的には海系やフィーバーパワフル。野生の王国同様に1箱から2箱積めばいいほうです。

しかし、このクイーンは“ライジングボーナス”という基本的に4Rの保留連の連続と“女王降臨”という最低2400個で超激薄かつ奇跡レベルですが全ての保留が10R当たりなら最大9000個採れる(はず?)最上位の保留連ボーナスがあるので1撃も一応は狙えます。

 

とはいえ、9000個はさすがに盛りすぎですが3000個は取れます。

立ち回り方

立ち回りとしてはエヴァのように大量に入ってるわけではなく多く置いてもせいぜい2台から3台あればいいほうです。

更に、お店の特日でも対象にもなりにくい。

そうなれば、お店にこまめに通うかマルハンアプリやサイトセブンでデータ分析しておきましょう。

まとめ

今回はフィーバークイーン30thについて書かせていただきました。

前作と大幅に変わり非常に“打てる”機種になったのは非常に大きいです。

ただ、裏を返せば釘読みや回転率をきちんと見極めないと大怪我することもあります。

お店も長く運用する機種なのでさすがに常時勝てる台は無いにしろ遊べる程度の台は見つけやすいと思います。

抜きすぎずに適度に細く長く打つ。

それが今のパチンコと付き合う秘訣かもしれません。

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました