サイトアイコン Stand around and win!

パチンコで専業を目指すならば、どんなメリット・デメリットがあるのか?

IMG 6252

どうも、通りすがりのパチンカーです。

今回はパチンコで専業を目指すならどんなメリットやデメリットがあるか書かせていただきます。

パチンコは多くの人にとって単なる”G”の一種であり、大金を手にすることは難しいと思われがちです。

それでなくとも、最近のパチンコは荒くかつ厳しい回りですしパチスロにおいてももはや抽選で良番を引かないとありつけない昨今です。

しかし、実際にはプロのパチンコプレイヤーが存在し、専業として生計を立てている人もいます。

最近では、Googleを辞めてまでの方や国税庁を辞めてまで挑む方まで出てきています。

では、なぜ彼らはパチンコを選び、専業として生きていけるのでしょうか?

本記事では、パチンコ専業の魅力とデメリットについて探っていきます。

パチンコ専業の魅力

パチンコを専業とする魅力は、以下のような点があります。

1.自由な時間

パチンコ専業は、基本的に自由な時間を過ごすことができます。

勤務時間や出勤日数を自分で決めることができるため、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

また、自分のペースで仕事を進めることができるため、ストレスを感じることなく働くことができます。

2. 高収入の可能性

パチンコは、一般的には”G”として捉えられることが多いですが、実際には高収入を得ることができる可能性もあります。

プロのパチンコプレイヤーは、緻密な計算や戦略を駆使して勝利を収めることができるため、大きな賞金を手にすることができます。

高額の賞金を得ることができれば、専業として生計を立てることも可能です。

パチンコ専業はだめな理由

パチンコを専業とすることには、以下のようなデメリットも存在します。

1. 収入の不安定さ

パチンコは”G”であるため、収入が不安定になることがあります。

勝ち負けは運に左右されるため、毎月安定した収入を得ることが難しい場合もあります。

特に初心者の場合は、勝つことが難しいため、生計を立てるのは困難かもしれません。

2. 忍耐力と集中力の必要性

パチンコは単なる運だけでなく、忍耐力や集中力も必要とされるゲームです。

長時間のプレイや連敗によるストレスに耐えることが求められます。

また、計算や戦略を駆使する必要もあり、それには高い集中力が必要とされます。

これらの能力を持っていない人にとっては、専業として生きていくのは難しいかもしれません。

社会的信用

パチンコ専業には社会的信用がありません。

長年専業でやってる方でクレジットカードの審査が落ちるのは当たり前です。

更に、専業の時点で実質「無職」になるので先に書いたクレジットカードやローン等の金銭的信用は無くなると思ったほうがいいです。

体力低下や視力低下、病気や怪我をしても完全に自己責任になります。

【まとめ】

パチンコを専業とすることには、自由な時間や高収入の可能性といった魅力があります。

しかし、収入の不安定さや忍耐力と集中力の必要性といったデメリットも存在します。

更に言うなら、パチンコもCR機全盛時代や設定6の機械割が120%から160%当たり前のパチスロと違い

相当厳しくかつお店の状況も非常に厳しい時代です。

今やパチンコで時給1500円あるか。パチスロでも時給1200から1300円の時代です。

下手するとコンビニでバイトしたり逆にパチンコ屋の店員になった方が時給がいい時代です。

専業を目指す際には、自身の能力や状況をしっかりと考え、リスクを冷静に判断する必要があります。

パチンコ専業は一つの選択肢として考えられますが、その道を選ぶ前によく考えることが重要です。

投稿者プロフィール

通りすがりのパチンカー
通りすがりパチンカーです。パチンコ・パチスロを始めて早30年。酸いも甘いも経験し今、こうして書かせて頂いています。勝ちに繋がるパチンコの立ち回り方やこれから先をを生きる投資を発信したいと思っています。
モバイルバージョンを終了